企業内研修

21世紀のグローバル化した経営環境の中にあって、最も重要な経営課題の一つは、グローバルに通用する高い見識を備えた経営幹部の養成だと言われております。一定数以上、早期に育成する必要がある場合、「企業内研修」がおすすめです。
研修の目的や受講人数、テーマや回数など、ご要望をお伺いした上で最適なプログラムをご提案します。

不誠庵の研修プログラムの特徴

  1. 経営スキルではなく、リベラルアーツのエッセンスを組み込んだ本格的プログラムを提供します。
    なぜリベラルアーツ研修は経営幹部にとって必須なのか
  2. 受講者は受動的な講義聴講ではなく、プレゼンテーションや討議など積極的な参加が基本になります。
  3. 受講者の年齢、テーマ、回数など、各企業の研修ニーズに合わせたカリキュラムを提供します。
  4. 長期研修が難しい場合、 2 泊 3日の短期集中講座も可能です。
  5. 状況に応じ、合宿やフィールドワークなどの実地研修を組み込むことができます。

カリキュラムの基本的枠組み

世界と日本の歴史・宗教・思想を学び、変貌する資本主義世界、AIなど科学の進歩がもたらす文明的変化を踏まえて最終的に自社のあるべき姿について構想するのが、基本的な構成です。受講者は、テーマごとに事前に数名のチーム単位で徹底的に議論し、その見解を順次発表するという形式をとります。


企業内研脩カリキュラムの実施例

1. 経営幹部候補者向け(役員・部長クラス)
将来、経営トップを担うと期待される経営幹部向けのカリキュラム。世界に通用する高い見識を持ったグローバル経営人材を早期に育成したい場合に適しています。


2. 中堅リーダー向け(次長・課長クラス)
まだビジネスの基本的枠組みの知識が少ない対象者向けに、 MBAの要素を取り入れたカリキュラムを組むことが可能です。


不識庵の教育プログラム

不識塾青天白雲塾

不識庵教育プログラムの主な実績

主な導入企業お客様の声主なゲスト講師
ご不明な点などにつきましては、フォームよりお問い合わせください。後ほど、担当者よりご連絡させて頂きます。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

PAGE TOP