不識塾

対象

将来、経営を担うと嘱望されている人材。執行役員もしくは、部長クラスの方々。

目的

歴史的、文明論的視点から世界の構造を見極め、同時に、日本の持つ強さや問題点を洗い出すことにより、世界に通用する見識とリーダーシップをもつ経営者を育成する。

カリキュラム

10カ月にわたる研修期間(5月中旬~翌2月下旬)を、下記のように第1モジュールから第4モジュールに分け、リベラルアーツ中心のカリキュラムを組んでいます。

第1モジュール(5月~7月)
世界の構造を理解する

  • 世界の宗教、哲学、歴史、倫理などを学び、世界と日本を客観的に見る歴史観と大局観を養う
  • グローバルに通用する高い見識を身につけ、世界とのコミュニケーション能力を磨く

第2モジュール(8月~10月)
日本をより深く知る

  • 日本という国の成り立ちや歴史を知り、日本の立ち位置や、日本企業の競争力の源泉について考える
  • 日本文化の真髄、日本人の自然観を通じて、自分自身が何者であるかを学ぶ
  • 日本のあるべき姿、今後の進むべき方向を探る

第3モジュール(11月~12月)
変貌する資本主義世界

  • 「近代世界システム」の形成と資本主義発展の歴史を学ぶ
  • 現代資本主義世界が混迷している原因を学び、日本企業の針路について考える。
  • AI革命や生命科学がもたらす文明的変化について分析する

第4モジュール(1月~2月)
激変する世界と自社への提言

  • 世界の将来ビジョンを踏まえ、自社のあるべき姿をゼミ形式で考える
  • 各塾生は各社トップの前で「自社のあるべき姿」について最終発表を行う
不識塾倶楽部について

不識塾倶楽部について

資料ダウンロード

資料ダウンロード

PAGE TOP