「不識塾」師範 山下範久先生編著の新刊『教養としての世界史の学び方』が刊行されました。

「不識塾」師範の山下範久先生編著の新刊『教養としての世界史の学び方』(東洋経済新報社)が3月21日(木)に刊行されました。


大分岐、世界システム論、生態史観、グローバルヒストリーetc.
世界のエリートにとって
なぜ「世界史のリテラシー」が重要か?

西洋中心史観から全世界レベルで歴史を捉えなおす

世界史は最強のリベラルアーツだ!

(帯紙の紹介文より)


【関連記事】
ビジネスに「世界史の教養」が不可欠な根本理由
「最強のリベラルアーツ=世界史」の学び方
東洋経済ONLINE(2019年3月22日)
https://toyokeizai.net/articles/-/271897
書籍の詳細につきましては、東洋経済新報社のウェブサイトにてご参照ください。
https://str.toyokeizai.net/books/9784492062111/
PAGE TOP