【東洋経済オンライン掲載】「不識塾」中谷塾長と瀧澤師範の対談記事掲載(10月30日配信記事の続編)


「アメリカでとてつもない格差が生まれた本質
現代の経済学をとことん考え尽くしてみる」
(東洋経済オンライン 2018年10月31日)

<見出し>
・コーポレート・ガバナンス論の危うさ
・「遂行性」がもたらした結果は?
・経済学を再構築することの必要性
・「人間科学」としての経済学へ

アメリカ流のコーポレート・ガバナンス論は、経営者を株主の代理⼈とする「プリンシパル・エージェント理論」に基づき、結果、アメリカではとんでもない所得の不平等が生まれた。本当の企業統治には何が必要なのか。それは「倫理」の確立であり、経済学の再構築が必要だ。そのためのスタートラインが「人間とは何か」を考えていくことである。

東洋経済オンライン当該記事(外部)へのリンク

 


【ご参考】 前編:東洋経済オンライン(2018年10月30日配信)
経済学の本質を知りたい人に教えたい現在地 富がいかに生まれ現在があるのかを探求する

PAGE TOP