なぜ経営幹部にリベラルアーツ研修が必要なのか

優秀だけど、話題が貧困?

日本企業の経営幹部に関して、外国の人たちの本音は次のようなものです。「彼らはビジネスにおいては優秀で誠実だけど、話題が貧困だ」「できれば交渉前日のディナーには出席したくない。ビジネス以外の会話が続かない」。外国の経営幹部の誰もが見識豊かなわけではないし、日本の経営者のなかにも素晴らしく教養豊かな人もいるので、話半分にしておいてよいと思いますが、それでもこの指摘には謙虚に耳を傾ける必要があります。

戦後、軽視されてきたリベラルアーツ教育

戦後日本に君臨したマッカーサー連合国軍最高司令官による日本歴史、地理、修身の3教科停止命令以来、日本の教育はリベラルアーツを軽視し、いわゆる「実学」に重心を置くようになりました。そのため、日本人は哲学や歴史、文化芸術など、「人間」そのものに対する関心が希薄になり、即戦力となるスキルやノウハウの修得に走る傾向が強くなったと思われます。これは、リベラルアーツ教育を受けた世界のエリートと渡り合える人材の不足を生み出す大きな要因となりました。

「人間的魅力」を磨くことが成功の条件

グローバル・ビジネスでは、「交渉の前の人間的接触で勝負が決まる」とも言われます。海外では、日本の経営者は、人間として魅力があり、信頼でき、尊敬に値するような資質を持っているかどうか、常に「品定め」されていると言っても過言ではありません。したがって経営者は、人間としての「力量」、平たく言えば「人間力」をいっそう磨くことが不可欠です。私たちは、リベラルアーツを学ぶことがそのための一つのステップだと考えています。

コミュニケーション能力が最大の武器に

日本企業が「グローバル化」で躓く理由としてしばしば指摘されてきたのは、「経営者の対話能力不足により相手との十分な信頼関係が築けない」ということです。その理由は、世界に通用する「常識」が不十分なこと、日本の歴史や文化、そこから生まれた日本企業の競争力について、十分な自己認識が形成されていないためだろうと思われます。自国に誇りを持ち、それを外国の人たちに分かってもらうということはビジネス成功の大前提です。

リベラルアーツを学ぶ意味

人間がロボットや他の生物と決定的に異なるのは、「人間とは何か」「人間は何のために生きているのか」「人間社会はいかにあるべきか」といった問いを常に発する存在であるという点にあると言われています。リベラルアーツとは、まさにこれらの問いに答えるための学問だと言ってよいでしょう。世界のことを広く知り、日本のことも深く考える。そうした知的問いかけの中から、世界に通用する見識が生れてくるものと期待されるのです。

経営者としての判断力を磨く

経営者は答えのない問いに対して常に的確な判断をしていかなければならない孤独な存在だと言われます。現代は、AIや生命科学の飛躍的発展など、人類文明を根幹から書き変える技術革新が進み、既存の枠組みや考え方が通用しなくなってきている時代です。そんな中で、経営者としての判断軸をどう作っていくのか。このために、「既成概念にとらわれることなく、自由人として、世界を広く、深く考えることができるようになるための学問」であるリベラルアーツが、まさに、求められているのではないでしょうか。

リベラルアーツ研修の老舗「不識庵」

「不識庵」はその前身の組織を含め、今年で創業18年を迎えました。この間、日本の大企業経営幹部の皆様に「不識塾」「青天白雲塾」「企業内研修」などの研修事業によって、本格的なリベラルアーツ研修を提供してまいりました。お陰様で、修了生からは多くの経営トップを輩出することができ、また、派遣企業の皆様からもきわめて高い評価をいただいております。以上に鑑み、ぜひ「不識庵」のリベラルアーツ研修を貴社の研修プログラムとしてご検討いただければ幸いです。

PAGE TOP