企業トップの声

東レ株式会社
代表取締役社長

時流に迎合せず、本質を把握して、長期ビジョンをもって、時代に適合する
 「グローバルに事業環境が目まぐるしく変化する今日において、企業が「社会の公器」としての役割を果たし、グローバルに持続的な成長を実現するためには、経営者がぶれない軸を持ち、現場主義を貫いて、基本に忠実に、あるべき姿を目指して、経営を実践することが一層重要になっています。一般論でなく、しっかりした現状分析にもとづく、本質を捉えた、現場に根付いた意思決定こそが、企業の成長には必要です。
 皆さんが、倫理観の高い、日本的な経営の良さを大きな強みとして、グローバルに大いに活躍されることを期待します。

 

ダイキン工業株式会社
取締役会長 兼 グローバルグループ代表執行役員
井上 礼之 氏

強い志と熱い情熱に裏打ちされた逞しいリーダーシップを備える人材を
「変化の時代」といわれる21世紀の企業経営においては、経営トップの強いリーダーシップの下での絶えざる企業変革が勝敗を決します。不識塾での知的格闘や受講生間の相互啓発のなかから、強い志と熱い情熱に裏打ちされた逞しいリーダーシップを持った人材が輩出することを確信しています。

 

中外製薬株式会社
代表取締役会長 最高経営責任者
永山 治 氏

喫緊に求められる「高いレベルの優秀な人財」
製薬業界では、業界再編の加速、Global競争の一層の激化により、「高いレベルの優秀な人財」の育成が喫緊の課題となっている。当社は将来を担う「経営人財」の発掘・育成のため、中堅・若手の研修に注力している。その中で、不識塾は経営や経済のみならず政治・文化など多方面に亘るスタディーを実施されており大変有益である。

 

トヨタ自動車株式会社
相談役
張 富士夫 氏

日本の良さを守り発展させつつグローバルに活躍する時代の旗手達に期待する
グローバル化していくビジネスの経営者には、相手の国の文化、歴史を現地現物で把握すると共に、相手の立場を理解することが今後より一層求められてくると思います。不識塾を通じて世界の現場を訪問してきた受講生達が、志を持ったリーダーとして、日本の経済・社会の持つ良さや手法を守り、発展させつつ、グローバル化の旗手として立ち振る舞っていくことを期待しております。

 

三井不動産株式会社
代表取締役会長
岩沙 弘道 氏

グローバルなコモンセンスを備えたビジネスリーダーの出現を確信する
企業活動のボーダレス化が進み、変化の幅やスピードが増す中、経営者は確固たる理念やビジョンを示し、強力なリーダーシップを発揮することが必須で、資質としてグローバルなコモンセンスと強い意志を兼ね備え、人としての魅力に溢れた人材でなければなりません。その意味でメンバーとの切磋琢磨や相互啓発等の「知の格闘」を通じて「人間力」を鍛える本講座は、日本の将来を担うビジネスリーダーを多数輩出するものと確信しています。

不識庵